HOME>共済組合のあらまし>組合員証

組合員証

組合員証について

共済組合の組合員になると「組合員証」(被扶養者を有する場合には申請により「組合員被扶養者証」)が交付されます。組合員証及び組合員被扶養者証(以下、組合員証等)は、組合員及びその被扶養者の資格を証明する大切なものです。

病気やケガなどにより保険医療機関で診療を受けるときなどに必要なものですので、大切に扱ってください。

高齢受給者証について

70歳から74歳までの組合員及び被扶養者には「高齢受給者証」が交付されます。

(70歳の誕生日の翌月1日、1日生まれの場合は誕生月より対象となります。)

高齢受給者証を組合員証等にあわせて医療機関へ提示することで、医療機関の自己負担割合が1割(現役並み所得者は3割)となります。なお、高齢受給者証は対象となる月の前月末に当組合から該当者へ送付しますが、申請等は必要ありません。

組合員証を使うときの注意

(1)組合員証を提示しないで医療を受けると、全額自己負担になることがあります。イラスト1 (2)組合員証をコピーしたものは使えません。イラスト2
(3)病院に預けたままにしないで、必ず手元に保管してください。イラスト3 (4)組合員証の貸し借りは不正使用に当たり、厳重に禁止されています。絶対にやめましょう。イラスト4

組合員証に関する届け出—こんなときは届け出が必要です

事由 手続き方法
紛失またはき損し再交付したいとき 「組合員証等再交付申請書」を共済組合に提出してください。き損の場合は、き損した組合員証等も添付してください。
紛失し返納できないとき 「組合員証等返納不能・滅失届」を共済組合に提出してください。
氏名の変更 婚姻等により氏名を変更した場合には、各任命権者の総務担当課(ただし、市長事務部局は総務事務センター)へ「姓名変更届」を提出してください。総務担当課等の処理後、当組合にて組合員証等を新たに交付します。(変更前の組合員証等は回収します。)

申請書類はこちら

組合員証等再交付申請書 書類 記入見本
組合員証等返納不能・滅失届 書類 記入見本

上記の該当者のみ提出

高額療養費等の振込口座申出書 書類 記入見本
このページの先頭へ