HOME>福祉事業>貸付事業>特別貸付(入学貸付・修学貸付)

特別貸付(入学貸付・修学貸付)

組合員、組合員の子、組合員の被扶養者が、次の学校に入学する場合や、修学している場合に、貸付を受けることができます。借受資格もご覧ください。

借入状況や借入可能額は共済WEBで確認できます。

貸付対象となる学校
学校教育法第1条に規定する高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)、高等専門学校、大学(大学院)。
同法第124条に規定する専修学校(専門学校・高等専修学校)。
同法第134条に規定する各種学校。
各種学校に該当するかどうかについては、直接学校にご確認ください。)
理事長が定める外国の教育機関。
次の①、②の要件を満たすもの。
①当該教育機関が発行する証明書等により入学・在学の事実が確認できること。
②入学・修学する課程について、修業期間が3ヵ月以上、授業時数が年間680時間以上(修業期間が1年未満の場合は、その期間に応じて滅じた時間)であること。

入学貸付

入学決定から入学時までに、入学に必要な資金を貸し付けます。既に入学貸付を借り受けている場合でも、貸付限度額の範囲内であれば、既貸付を借り換えて貸付を受けることができます。

貸付額

1万円単位で貸付。

給料月額6月分に相当する金額の範囲内で次に掲げる額

区分 交付額+利息
大学・大学院・高校卒業を入学資格とする専修学校等 200万円以内
高校・高等専門学校・上記以外の専修学校等 100万円以内

他の共済貸付がある場合は、貸付額の上限額をご覧ください。

申込手続

まず、最新の要領をお読みください。

所定の申込書・借用証書・申立書兼同意書・借入金明細申告書に必要事項を記入し、下記の添付書類を添えて次の申込期限までに、共済組合まで提出してください。

申込期限
4月入学の場合は4月末日まで。
4月以外の入学の場合は、入学月の翌月末日まで。
(ただし、外国の教育機関の場合は原則として入学3ヵ月後まで。)

添付書類

  • 入学する学校の合格通知書(写)または在学証明書(原本)
  • 印鑑証明書(申込日前3ヵ月以内に取得したもの)
  • 入学者が共済組合短期給付(健康保険)における組合員の被扶養者でない場合は、申込者からの続柄がわかる書類(3ヵ月以内に発行された戸籍抄本または続柄記載の住民票等)
  • 専修学校等で、100万円を超える資金が必要な場合は、高等学校の卒業を入学資格とする証明書(入学案内パンフレット等で可)
  • 専修学校等で、元金償還の猶予を申し出る場合は、修業年限がわかる書類(入学案内パンフレット等で可)

その他理事長が必要とする書類を求める場合があります。

外国の教育機関の場合は、共済組合へお問い合わせください。

貸付日

受付日の属する週の翌週金曜日(金融機関休業日の場合はその直前の営業日)

償還

貸付月の翌月から給与天引きにより償還していただきます。

償還回数は120回以内。(任期付職員等を除く。詳細は償還を参照。)

申込金額が100万円以上の場合は賞与併用償還もできます。

借受後の手続き

申込の時の添付書類が、合格通知書等の場合は、入学後すみやかに在学証明書(原本)を提出してください。

提出期限
入学月の翌月末日(4月入学の場合は5月末日)
このページのトップへ

修学貸付

組合員、組合員の子、組合員の被扶養者が、貸付対象となる学校に修学している場合に、修学貸付を受けることができます。借受資格もご覧ください。

修学している期間中(留年を含む)に必要な資金を、年度ごとに貸し付けます。2年目以降は継続貸付の申し込みにより、当該年度分を貸し付けます。

貸付件数

大学2件、高校1件の合計3件まで(未償還の貸付も件数に含めます)。

貸付額

1万円単位で貸付。

貸付限度額は1月15万円×修業期間です。

1年間の最高貸付額は180万円ですが、受付日により、金額が異なります。詳細については貸付額の上限額をご覧ください。

申込手続

まず、最新の要領をお読みください。

所定の申込書・借用証書・申立書兼同意書・借入金明細申告書・経費の内訳書に必要事項を記入し、下記の添付書類を添えて次の申込期限までに、共済組合まで提出してください。

申込期限
継続 4月1日〜4月の毎年理事長が定める日まで。
新規 4月1日〜2月末日まで。随時受付。
ただし受付日により上限額が異なります。また翌年度分の申込はできません。

添付書類

  • 修学している学校の申込年度に発行された在学証明書(原本)
  • 印鑑証明書(申込日前3ヵ月以内に取得したもの)
  • 修学者が共済組合短期給付(健康保険)における組合員の被扶養者でない場合は、申込者からの続柄がわかる書類(3ヵ月以内に発行された戸籍抄本または続柄記載の住民票等)
  • 専修学校等や、3年制の短大、4年制以外の大学、大学院は、修業年限がわかる書類(入学案内パンフレット等で可)

その他理事長が必要とする書類を求める場合があります。

外国の教育機関の場合は、共済組合へお問い合わせください。

貸付日

継続・年度当初の新規申込 4月の毎年理事長の定める日
年度中途の新規申込 申込月の翌月15日

(金融機関休業日の場合はその直前の営業日)

償還

償還方法は次の2つから選択します。ただし、任期付職員等は「1」を選択することができません。詳細は償還を参照。

1 修業期間中は利息のみを償還し、当該期間終了後、貸付累計額を元利均等償還する方法
(元金償還猶予)
2 貸付月の翌月から元利均等償還する方法

元金償還猶予の場合、修業期間中について、在学証明書の提出により継続貸付を受けずに元金償還猶予とすることもできます。

元利均等償還回数は150回以内。(任期付職員等を除く。詳細は償還を参照。)

申込金額が100万円以上の場合は賞与併用償還もできます。

このページの先頭へ