HOME>福祉事業>貸付事業>返済割合について

返済割合について

共済貸付は、当該申込分を含む返済月額が、申込時の給料月額(本棒)の30%以内でなければ貸付の申し込みができません。また、当該申込分を含む年間返済額が、申込時の年収額の30%以内でなければ貸付の申し込みができません。(返済月額と年間返済額には、当該申込分を含む共済貸付の他、厚生会貸付、銀行ローン、クレジット等、民間からの借入金(同一事由の借入金で借入予定のもの)も含みます)

この確認のため、貸付申込時には「借入金明細申告書」(共済組合所定の様式)と「借入状況及び毎月の弁済状況を確認できる書類」(借入金明細申告書の記載内容が確認できるもの)を提出してください。(共済組合からの借入額や、今回の共済貸付に係る返済額は共済WEBで確認できます)

このページの先頭へ