HOME>共済組合からのお知らせ一覧>詳細

共済組合からのお知らせ

[2017/10/12]

ジェネリック医薬品利用促進について

 福岡市職員共済組合では,医療費の適正化及び短期給付財政の安定を目的として,病院や薬局でお薬をもらっている方の中で,比較的ジェネリック医薬品に切り替えやすく,一定額以上自己負担額の軽減が見込める方に「お知らせ」をお送りします。
 ジェネリック医薬品とは,先に開発された新薬(先発医薬品)の特許期間満了後に,厚生労働省の承認を得て,新薬と同じ有効成分で製造・販売されるお薬(後発医薬品)の総称です。
 価格は新薬(先発医薬品)に比べて2〜7割程度に抑えることができるといわれています。ジェネリック医薬品に切り替えると,組合員やご家族(被扶養者)の自己負担が軽くなりますので「お知らせ」を持参して,かかりつけの医師や薬剤師へご相談ください。

■対象者
  平成28年11月から平成28年12月までの調剤レセプトを分析した結果,一定額以上自己負担額の軽減が見込める方

■送付方法
  「お知らせ」は被扶養者分も含めて,組合員宛に送付します。

■送付時期
  平成29年10月末より順次発送します。

 ※被扶養者本人宛に直接送付を希望される方は,10月25日(水)までに福岡市職員共済組合までご連絡ください。



                                        福岡市職員共済組合
                                        保健医療係
                                         TEL 092-711-4146
                                         FAX 092-711-4152

添付ファイル