HOME>短期給付>使ってみよう!ジェネリック医薬品

使ってみよう!ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品って何?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、先に開発されたお薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、他のメーカーが同じ有効成分、同じ効き目のお薬として申請し、厚生労働省が承認したお薬です。

ジェネリック医薬品は、開発に必要な期間や経費を大幅に抑えることができるため、価格は新薬の2〜7割程度と低価格に設定されています。

家計にも共済組合にもやさしい

薬局でもらうお薬をジェネリック医薬品にすると、窓口で支払う薬代を安くできます。かぜなど短期間しか服用しない薬ではさほど変わりませんが、糖尿病、高血圧症、アレルギー性疾患などの慢性的な病気で継続的にお薬を服用している場合は、薬代を大きく減らすことができ、目に見えて家計を助けてくれます。

また、共済組合が負担する医療費も削減されますので、組合財政の安定化へと繋がります。

例)高脂血症の治療のため、薬を1日1回服用している場合

先発医薬品 ジェネリック医薬品 軽減額
メバロチン錠10mg
1錠/日
プラバスタチンNa錠10mg
「アメル」
1錠/日
【薬剤費】
3,300円-1,200円=2,400円

【自己負担額(3割負担)】
990円-360円=630円

【共済組合負担額】
2,310円-840円=1,470円
薬剤費3,300円
(1月分)
薬剤費1,200円
(1月分)
1年間で自己負担額7,560円、共済組合負担額17,640円軽減されます

安全性や品質は大丈夫??

厚生労働省の定める、品質・有効性・安全性についての試験に合格し、かつ、製造管理及び品質管理に関する基準にも適合したジェネリック医薬品のみが、製造・販売されています。また、この日本の審査基準は、欧米の基準と同レベルのものです。

使ってみよう!!

医師に相談

ジェネリック医薬品希望カードジェネリック医薬品は医師の処方せんのもとで、調剤薬局で調剤されるお薬です。ジェネリック医薬品に替えられるか、医師へご相談ください。

言い出しにくい場合は「ジェネリック医薬品希望カード」を使ってみましょう。

共済組合に用意してありますので、必要な方はご連絡ください。

処方せんを確認

処方せんに 「後発医薬品(ジェネリック医薬品)への変更不可」の欄に医師の署名、または記名・押印がされていなければ、調剤薬局で患者さんの選択に基づいて、先発医薬品をジェネリック医薬品に変更することができます。

薬剤師とよく相談しましょう

価格や効果、副作用などジェネリック医薬品と先発医薬品との違いや特徴について、薬剤師に納得がいくまで聞き、自分にあったお薬を選びましょう。

飲み慣れたお薬を一気に替えるのは不安という方は、とりあえず一週間分の処方にして様子を見るといった「お試し調剤」を受けることもできますので、医師や薬剤師に相談してください。

ジェネリック医薬品に関する注意点

  • 先発医薬品のすべてに変更可能なジェネリック医薬品があるわけではありません。
  • 治療上等の理由から医師が「後発医薬品(ジェネリック医薬品)への変更不可」を指示する場合があります。
  • 一つの先発医薬品に対して、複数のメーカーからジェネリック医薬品が発売されていることが多く、メーカーによりお薬の価格が異なります。
  • 調剤薬局によっては、ジェネリック医薬品を取り扱っていない場合もあります。
このページの先頭へ