HOME>短期給付>医療費を立て替え払いしたとき 療養費/家族療養費の支払い

医療費を立て替え払いしたとき 療養費/家族療養費の支払い

イラスト1

やむをえない事情で組合員証を提示せずに医療機関にかかったときなどは、いったん本人が費用を全額立て替え払いし、あとで共済組合に請求して現金の払い戻しを受けることができます。このような給付を「療養費」/「家族療養費」といいます。

ただし、払い戻されるのは支払った費用の全額ではなく、保険診療など一定の基準をもとに計算した額から自己負担分を控除した額です。

当共済組合の附加給付金

「一部負担金払戻金」・「家族療養費附加金」・「家族訪問看護療養費附加金」

1レセプトにつき自己負担額が25,000円(上位所得者の場合は50,000円)を超えた場合、自己負担額(高額療養費が支給されるときはその額を除く)から25,000円(上位所得者の場合は50,000円)を控除した額(1,000円未満切捨て)が支給されます。

「合算高額療養費附加金」(合算高額療養費の支給を受けた場合)

自己負担額の合計から合算高額療養費を除き50,000円(上位所得者の場合100,000円)を控除した額(1,000円未満切捨て)が支給されます。

上位所得者とは、標準報酬月額が530,000円以上の組合員及びその被扶養者です。

立て替え払いしたあとで払い戻しがあるもの

  こんなとき 払い戻し額 必要な書類
急病などでやむをえず組合証を提示できず自費診療を受けたとき 療養の給付の範囲内で査定された金額から自己負担分を差し引いた額 療養費・家族療養費請求書、診療報酬領収済明細書、医療費の領収書(原本)
治療のための装具を作ったとき(ギプス、コルセット、義手・義足・義眼など) 基準料金から自己負担分を差し引いた額
(厚生労働省の認可を受けているものに限る)
療養費・家族療養費請求書、装具部品の見積書と領収書(原本)、医師の証明書

靴型装具に係る申請は写真(実際に装着した状態での全体像及び拡大図)が必要

骨折や脱臼で柔道整復師にかかったとき(1) 基準料金から自己負担分を差し引いた額
(療養費支給基準に定められたものに限る)
療養費・家族療養費請求書、医療費の明細書と領収書、医師の同意書
イラスト2はり、きゅう、マッサージなどを医師の同意を得て受けたとき 基準料金から自己負担分を差し引いた額
(療養費支給基準に定められたものに限る)
療養費・家族療養費請求書、医師の同意書、施術明細書
イラスト3海外で医療を受けたとき(2) 国内での健康保険の基準によって算定された額から自己負担分を差し引いた額 療養費・家族療養費請求書、診療内容明細書、医療費の領収明細書(2)
四肢リンパ浮腫治療のための弾性着衣等 作製・購入費用(上限あり)から自己負担分を差し引いた額 療養費・家族療養費請求書、領収書(原本)、医師の装着指示書
9歳未満の小児が弱視等の治療で眼鏡やコンタクトレンズをつくったとき 作製・購入費用(児童福祉法で定める上限あり)から自己負担分を差し引いた額 療養費・家族療養費請求書、領収書(原本)、医師の証明書(処方箋)

1原則は立替払いですが、組合員証で治療が受けられることがあります。「柔道整復師・はり・きゅう・マッサージにかかる方へ」を参照してください。

2外国語で記載されている診療内容明細書、領収明細書には、翻訳者の住所・氏名を記載した翻訳文を添付することになっていますので、海外で医療を受けた方は共済組合へご連絡ください。

申請書類はこちら

療養費・家族療養費請求書 書類 記入見本
診療報酬領収済明細書「医師」 書類
診療報酬領収済明細書「歯科」 書類
診療報酬領収済明細書「調剤」 書類
このページの先頭へ